青い鳥

和田誠さんを偲ぶ。週刊文春の表紙、やっぱり好き。イラストの表紙2000回を記念して過去の作品を再掲載するアンコール企画が嬉しい。これまでのもとっておけば良かった、と悔やむ。

美しい表紙に反して、巻頭記事の告発スクープは悪魔の内容だ。しかし週刊誌だから書けたのかもしれない。この神戸のイジメ教師事件、現実とは思えない。幼稚で下劣、どこでそうなったのか、テレビで報道されてるくだりは氷山の一角だ。

謝罪会見とか要求するのもどうかと思うし、給食にカレーを出さない、改修工事をする、なんてのもとんちんかんの極み。とっとと立件して、懲戒免職、教員免許剥奪すれば済む話だ。

へんなの。

みんなへんだ。

話がとんじゃうけど、八ッ場ダムを大反対した旧民主党、反省どころか認めないで屁理屈をTwitterで呟いてる。そこがダメだとなぜ気づかない。この嫌な感じ、神戸の教師事件に質が似てる気がする。

そういえば、それもそうだ。あの辺同じグループだった。

中高の先生は好きで感謝してるが、小学校の5、6年生時の担任の先生、嫌いだったな。あれはどうしてだったか。クラスは仲良しで団結していて良かったのだけど。

東京オリンピックのマラソン、競歩の会場が札幌になるみたい。これまでの計画や期待、携わって頑張ってきた人達や地域の落胆や喪失感を思うと、言葉に窮するが、そういう案もあったんだ、と納得した私。ドーハでの世界陸上、何かの合図だった気がしてしまう。

それにしても感情に任せて、ならば北方領土でやれば、と抜かす小池知事。マジで嫌い。政治家失格だと思う。都知事になったら引っ越しする!と言ってた有言不実行の私(笑)。

子供たちの教育に悪い。誰かあの人たちの口を塞いでくれないかしらん。

幸せや真実は身近にある、と教えてくれた青い鳥。ほんとにその通り。

その通りだと気付ける世の中に、導いてくれないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です