髪は女の命

横浜へ向かう東横線から見えた中目黒。お花見見物の人の波がもの凄かった。今のお花見トレンドは中目黒なのかな。葉が出てきてるとはいえ綺麗、人波も愉しそうな風物詩。

最近はイタリアのスカルプケアローションの効果にコーフン気味の私。どうもヒトサマのおぐしが気になってしょうがない(笑)。そんななか、ふと浮かんだワード、「髪は女の命」。これって昔のCMコピー? ↓モニター二人目、男子。

で、早速検索してみたら、何と欧米にも似た諺がある。やっぱり髪は世界共通認識で、女の命なんだ。検索結果の受け売りだけど、平安時代には位が高い女性は長い黒髪だし、海外でもブロンドのロングヘアがもてはやされたりしてる。

かくゆう私、髪には最大級のコンプレックスがある。半端ない剛毛、大量、そして真っ黒。いつもまとめているのは自分ではどうにもならないからで。それも結ぶ、というかゴムで結わえただけのテール状態だと、毛束の毛先が背中に刺さって、まじで痛い。痛痒い。

このゴーモー、掃除機に絡みついてモーターをも壊す強者。最近は白髪で真っ白だから、伸びてくるとそれは見事なバイカラー状態になる。美しい位の白(笑)

そんな私が今夢中になってるスカルプケアローションは、白髪にも効くよ、とイタリアから甘く囁かれ、ならば!と試してみたら、なんと黒いのが生えてきた!びっくり!マジカ😲

自分のアタマ画像を上手に撮影出来ないので、近いうちに20年近く通っている美容サロンANTIのBOSS、小松さんに撮ってもらうことにした。ここで変遷をアップします(笑)

髪は女の命、ということは、私の命はかなり強力なのでは。(笑)

確かに強運、確かに健康。

※画像が文章と合ってなくて、すみません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です