やれやれ。

このたびやらかしたケータイ紛失事件。いやはやたくさんの経験をいたしました。ご迷惑をおかけした皆さま、本当に、本当に申し訳ありません。

今回、お世話になったドコモショップ渋谷。最初に受付で相談したところ、補償が使えますね、とのこと。ほっとしつつ手続きをし、その日は代替機をお借りして翌日受領ということに。その間、待つ、待つ、待つ、そして待つ(笑) 待つ間、ケータイが無いから、置いてあった女性セブンを片っ端から完読。占い特集号のananも熟読した。たくさん待ってる人がいたけど、みんなケータイ見てる。時代をまざまざと感じた、ケータイの無い私(笑)

翌日、無事に手にした補償のケータイ。おそるおそるアプリをダウンロードしたり、設定したり、同じ機種なのに初めて見るメッセージにギョっとしたりで、あまりのおばばぶり、自分に呆れまくる私。

しかしそれにしても、いちいち何か上手く行かない。ブログに画像をアップロード出来ない、入力タップが部分的に進まない、変換できない、編集したはずのFacebookが元の状態に戻ってる、等など、そのうち機器本体も妙に熱くなってきたりして。

やむなくわたくし、3日連続でドコモショップ渋谷へ。もう出勤気分で、受付も手慣れたもの。なのに経緯を説明したら、今度は携帯教室の会場に連れて行かれた。交番で「おばあちゃん、どうしたの?」と聞かれてるような気分に陥る。えーん。

完全に初心者教室、個別指導的な雰囲気で、「し忘れてる初期設定や作業は無いか」と聞きながら、誤作動部分を点検してもらった結果、「これはこの機器本体に問題があるかも、なので交換を依頼しましょう。」と頼もしいセンセイのお言葉。良かった、少し救われた(笑)

こんなことってあるんだな。それにしても今やケータイが無いと不便な上に不安感にも襲われる。何事も経験、ではあるけど反省しきり。情けない。

ただ一度目の機器受取時と交換機の受取りの担当対応、オシゴトレベルがあまりに違って、どこも人手不足なのだと改めて実感、それからドコモショップ渋谷は、受付予約が出来る、というのも覚えた。無駄では無いですね(笑)

今年の化粧品展、幕張メッセでやはり遠い。しかしブログが書けた。やはり無駄なんて無い(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です