トゥールーズからLCbio

わっ、ついに来たか、と驚いたLCbio (エルシービオ)。フランス南西部、トゥールーズ空港から車で約1時間、美しくものどかで静かな地で誕生した、肌にもベジパワーを!がコンセプトのブランドです。

化粧品の特徴になる有効成分は、十数年前だとすぐに手に入りそうな素材由来だと響かない、売れない、、、初めて聞くような長いカタカナ名や、難しそうな特許成分名だから興味を惹く、と云われていたのに、何ともわかりやすい野菜名、スーパーベジタブルが有効成分で、フランスブランドだなんて、新鮮でした。

見つけたときは、思わず二度見。ブロッコリーやアルファルファ、キノコやビーツ等が、パッケージにデザインされてる製品が、私を見てた(笑)。

さすが美容&農業、そしてオーガニック大国だなあと、底力というか、やるなぁ、と感じた瞬間でした。

一番目に付いたのは、つけたまま眠れるパックのマスクイドラタント。ちょっと面倒、とよぎるパックが、つけたまま眠れるなんて、試してみたい、と思わせるチカラがみなぎってました。本国でもやはり一番人気だそう。フランスの人も面倒なのかな、やっぱりみんな忙しいのかな。


ブロッコリーにやられて、じゃあクレンジングは何?とみたら、これがなんとルバーブ。子供の頃、読んだ物語に登場するお菓子の名前で知ったルバーブ、肌にも良い素材なのね、美味しそうなルバーブパイ、あれは赤毛のアンだったか、もとい、赤いルバーブ。

まだまだ慣れないブログ。眠くなってきました。何とか今日中に更新しなくちゃ。続きは明日、アルファルファクリームからスタートにします。何だかすみません、おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です